MESSAGE 05

若手が頑張っていける会社。そんな若手の
モチベーションが上がるよう取り組んでいます。

[就活について]就活では自分らしく働ける会社ということを一番に考えていました。とにかく、自由な格好ができるところで、個を大事にしてくれそうな会社だけを探してました。渡辺矢は、社員の方々の服装、出で立ち、雰囲気で選んでエントリー。最終、内定をいただいたのは、アパレル、広告代理店など。どこも創造性の高い仕事でしたが、中でも渡辺矢は際立っていました。そこで、他社の内定を断って入社を決めました。

[仕事の内容と課題]入社してみると、ルールは基本的になく自分が決めたらその通りにやらせてくれる会社でした。仕事はクライアントの依頼に沿ったテキスタイルの提案です。希望に添ったものに近付けたものを提示するときもあれば、意図を汲んで新たな商品を提案していくことも多いですね。お客様は常に新しいモノを求めているので、常々アンテナを張っていないとダメですね。仕入先とのコミュニケーションも重要です。

[仕事のやりがいと課題]リーダーとなった今、グループ全体を底上げしていくことが最優先課題です。メンバーのモチベーションアップに繋がるようなコミュニケーションを心掛けています。渡辺矢は、若手が頑張っている会社です。負けず嫌いの若手も多く、競いあえる環境です。その中で、型にはまらない、自分の経験や直感を信じてやっていくタイプがいい営業になると思います。

MESSAGE 05

2012年入社 龍谷大学社会学部卒日野 守

MESSAGE 06

これからは概念にとらわれずに多方面に興味を持ち、
総合商社的に様々な取り組みを行っていくことが大切。

[就活について]目指していた教員は諦めて就活を開始。繊維商社に入社した友人からアドバイスを受け、服が好きだったのでアパレルや繊維商社を中心に企業を回っていました。その中で渡辺矢という会社を知りました。大学OBが居たので、色々を話を聞いていると、とてもフレンドリーで、ざっくばらんな雰囲気。働く環境としてはとても良い会社だと分かり興味を持ちました。やったらやっただけ稼げるというのも魅力の一つでした。

[最近の取り組み]最近、ファッション業界も大きく様変わりしてきました。SNSを中心に、時代のニーズを敏感に察知していくことが今まで以上に重要になってきました。そして、これまでの概念にとらわれずに多方面に興味を持ち、生地を売ることから派生して総合商社的に様々な取り組みを行っていくことが必要だと思います。また、それが可能な会社です。実際、製品まで作って販売している営業担当もいます。お客様同士を繋げることで、新たな製品作りの仕組みを作っていくことも多くなってきました。

[渡辺矢の魅力]渡辺矢は、入社前に感じた通りとても雰囲気の良い会社です。人間関係で悩んだことは一度もありません。人間関係が原因で退職していく人も居ません。自分自身もこれまで一度も辞めようと思ったことがありません。これは自分でも凄いことだと思います。人間関係が良く、仕事の自由度が高く、それだけにおもしろい。目標を達成したらインセンティブが付きますし、成績を上げれば賞与に大きく反映されます。流行に敏感で、好奇心旺盛で趣味を持っているような人ならぴったりの会社ではないでしょうか。

MESSAGE 06

2005年入社 龍谷大学文学部卒山岡剛史

MESSAGE 07

自由な社風で枠組もないので、
新しいことを生み出して欲しい。

渡辺矢は若手が多い会社。自由な社風で、本人にやる気があれば早くに自立して活躍していける会社だと思います。経営者的な視点を養っていくには最適ですね。頑張れば、報奨金やボーナスに反映され、モチベーションが上がる仕組みもしっかりしています。めまぐるしく飛び交う情報をいかに掴んで商売に結びつけていくかと今後大切になってくると思います。また、渡辺矢はお客様のニーズを汲み取り、利益を出すことが重要な仕事ですから、特にこれをしたらダメとか、これをしないとダメという枠組みがありません。とにかく新しいことを生み出す意識で取り組んでいける会社です。人間関係は良好ですので、そこらはストレスなく取り組めると思います。

MESSAGE 07

2000年入社 関西大学商学部卒 営業部長山田聡二郎